2012年10月 3日 (水)

第3次焼きえうえうオフ会

2012年3月24日 (土)

生存報告

気付けばもうすぐ3月も終盤に、放置し過ぎだ(^^; ネタができたらさっさと更新すればいいものを・・ ・
Dsc_0221

気を取り直しましてもどきストライカー2号ソード そしてAGEシステムの導いた新たなる答え、ガフランのパーツをポモックに纏わせた可能性の獣飛行形態を再現可(お辞儀は禁句)そんなんで今月も過ぎていきそうです。 

2011年10月 4日 (火)

ア”ァ”ッー!!と驚く罰ゲーム

Dsc_0213_2


クリス「またまけた・・・。」

Dsc_0214


ルミナオベロン「オラオラ、罰ゲームッスよ」パンパンッ

ルミナドラゴノイド「仲間の目の前で恥ずかしい姿を晒してやるぜ」

ファンゴノイド「ア”ァ”ー」

Dsc_0215


爆TECK's「次はモォーっと楽しませてくれよ。」

ルミナオベロン「ふぅ、すっきりしたッス」

ルミナドラゴノイド「おまえもすきもんだな・・・。」

Dsc_0216


塞パンツァー「ファンゴ傷は浅いぞしっかりしろ!」

ブルティカン「ちょっとアレがナニしただけだろうがしっかりしやがれ!」

クリス「にょろにょろ、ばくだん!・・・グスッ」

クリスの涙がファンゴノイドに滴り落ちたそのとき奇跡が起こった!

ペカー

Dsc_0217


???「ファンゴノイド進化!アナコンとお呼び下さい」

クリス&サブテラ一同「やったー!!」

Dsc_0219


巨タウラス「最近ルミナ爆丸の下っ端がやんちゃすぎてモォーたいへんなんだな。」

???「他所様に迷惑かけるとはかんしんできませんねぇ・・・。」

 終

絶望との戦い

前回ルミナ属性の爆丸たちに敗北しバラバラとなったサブテラ爆丸たち、そして彼らのバトラーとなることを決めたクリスは爆丸を集め再び戦う決心をしたのであった。

Dsc_0182


塞パンツァー「こっちもかなりメンツが変わったがあっちもかなり入れ替えてきてるな。」

閃シュルト「獅子は兎を狩るのにも全力を尽くすというからな。こちらの全力で絶望を味わっていただこう。」

バトルが始まりクリスはシュートミス、相手はスタンドしたところで流れが始まった!

閃シュルト「まどろっこしいのは嫌いだ、アビリティ発動!貴様のアビリティを戴く。」

Dsc_0185Dsc_0186


ブルティカン「ちぃ!切り札その1がもってかれちまった。」

塞パンツァー「相手には効果がないのが不幸中の幸いか・・・。」

Dsc_0187


閃シュルト「さらにダブルスタンドでゲートカードを取得」

Dsc_0189

ブルティカン「うまいぞチビ、ここにスタンドりゃ確実にゲットだ」

Dsc_0190

閃シュルト「その幻想をぶち殺す!」

ゲートカードオープン

Dsc_0191
ゲート効果:全てのブルティカンはジャッジポイントの2倍を得る

ブルティカンPL560+JP600=1160vs閃シュルトPL580+JP220=800

ブルティカン「どうでぃ、1000越えのパワー!」

閃シュルト「愚かな・・・。アビリティ発動、閃光の友情!ゲートカード全てのジャッジポイントを得る」

ブルティカンPL560+JP600=1160vs閃シュルトPL580+P1370=1950

ブルティカン「なん・・・だと!?」

Dsc_0192

閃シュルト「弱い犬ほどよく吠える・・・いや牛か、なにはともあれラストワンだ」

Dsc_0193
Dsc_0194



塞パンツァー「くそっアビリティ発動、復活の聖水で二回シュートできる・・・ダブルスタンドだ」

閃シュルト「こちらもアビリティ発動、ライトニングショットでスタンド時相手のウイニングカードを場に戻す」

Dsc_0195_2


Dsc_0196

サブテラ一同「あぁ!?」

閃シュルト「さぁ、獲得したばかりのカードで申し訳ないが戻してもらおう」

ブルティカン「またゼロからかよ!」

Dsc_0197


クリス「ゆるざん!きりふだその2」

Dsc_0198


コアデム「ギゴガギゴ!?」

Dsc_0199


シャキーン

閃シュルト「ほぅバトルギアかしかしこちらのゲートにスタンドできなくて残念だったな。こい巨タウルスダブルスタンドだ」

Dsc_0200

巨タウルス「これでモーおしまいなんだな・・・モォ?」

閃シュルト「そっちじゃない!まあいいバトルでとどめだ」

Dsc_0201


巨タウラス「こっちのゲートだからモォー勝ったも同然なんだな」

コアデムPL580+JP0+BG200=780vs巨タウラスPL590+JP200=790

Dsc_0202


クリス「ぽも!」

閃シュルト「掟破りの絶対値の駆け引き返し!」

Dsc_0203


コアデムPL580+JP200+BG200=980vs巨タウラスPL590+JP400=990

塞パンツァー「負けるわけには!バトルオーバー、バトルを引き分けにして強制終了させる」

Dsc_0204

閃シュルト「フッ、無駄なあがきを」

Dsc_0205

塞パンツァー「こうなりゃクリティカルKOだ・・・しまった!」

Dsc_0206

巨タウラス「こんどこそモォーおしまいなんだな・・・モォ?」

閃シュルト「だぁーかぁーらぁーそっちじゃないといっとろうもん!」

Dsc_0207


クリス「げーと、こっち、かつ!」

Dsc_0208


コアデムPL580+JP250+=830vs巨タウラスPL590+JP80=670

Dsc_0209


コアデム「ガゴー!」

巨タウラス「モォーちょっとだったんだな」

閃シュルト「100以上離れてちょっとはないな」

Dsc_0210

巨タウラス「モォー遊びはお姉妹なんだな・・・モォ?」

閃シュルト「PL高いから引き入れたけどここまでイタイ子だったなんて」

Dsc_0211_3


クリス「まっすぐいってぶっとばす、くりてぃかるでぶっとばす・・・ぽも?」

Dsc_0212

巨タウルス「これでモォーおしまいなんだな」

閃シュルト「むしろやっとだな・・・ていうか貴様モォーっていいたいだけだろ?」

つづく













2011年9月15日 (木)

第二次焼きえうえうオフ その3

えちぃ感じに遊んでいるうちに食事会の時間になりました。

Dsc_0154


クリス「えびぞーりん!」

灰皿テキーラ?なんちゃってヘッドシザーズ?

Dsc_0156


クリス「おーるびるん」

ベルン子の新しいカラバリですか?

Dsc_0157


クリス「からあげ、げっと・・・からあげっと!」

えうe・・・とりからあげ美味しかったです。ちなみに散々えうえう食っただのおいしいだの言っておりますが、エウクランテが嫌いなわけではありません。だがポモックをタヌキと馬鹿にするのはゆるざん!

Dsc_0159





クリス「ろけっともじゅーる?」

我が家の神姫にはえっちぃ事はさせないと誓っていたはずなのに、このオフ会で私の中の何かが音を立てて壊れました。

Dsc_0160


クリス「ぽんず!」

『日本酒・通称ぽんしゅ』ですね。すごくいいお酒だから・・・といわれ普段日本酒なんか飲まないくせに頂いてしまいました。以前職場の飲み会で先輩に無理矢理飲まされ、そのキツさから日本酒は敬遠していましたがこれは飲みやすい気がしました。

Dsc_0162
見えそうで見えないエロスの研究をしてたらペドネスちゃんが来てくれたよ。やったねクリスちゃん

ティア「おい、やめろ」

ペド素体・・・じぃつに、興味深い。

ティア「ガリレオじゃなくてガチペドとでも名乗るんですか?」

楽しい時間はあっという間でした。帰り道に十五夜手前だったせいか雲の切れ間からのぞく月がやけにきれいでした。

END

2011年9月14日 (水)

第二次焼きえうえうオフ その2

今回も前回の続きです。

Dsc_0117


プトティラオーズを抱える白子さんの後ろに見覚えのある立体物が・・・立派な角、両肩のシリンダー、落ち着いた脚部とくれば!

ムシムシムッシー!

クリス「スイカシルシル?」

ティア「クヌギジュエキーじゃありませんでしたぁ?」

何のことだかわからない人はメダロットの漫画1巻を呼んでみよう。

メダロットは1、2、naviしかやったこと無い私にはなじみ深い彼です。1,2とカブト派だった私に襲いかかるnaviカブト売り切れ状態、泣く泣くクワガタで始めたもののメダチェンジ後のダブルアンチ攻撃の使いやすさには感動を覚えたものです。ロクちゃんも発売されるそうですが個人的にはソニックスタッグを立体化させて欲しいです。

Dsc_0120


銀竜さんのところです。実は銀竜さんを集合場所近くのコンビニで見かけたのですがチキンな私は2回も目の前を素通りしたのです。はっ!?本当に縞パンをはいているのか確認し忘れた!!

ティア「(ジィトォ)」

Dsc_0121


たいへんだ れーねさん が かぶとむし に おそわれている!

Dsc_0123


Dsc_0124


たいへんだ しんし が けだえもん に おそわれている!

Dsc_0122


写真がボケてしまいましたが明日香さんのところです。ツイッターを進められたときにブログの更新も禄にできてないんでといったらひどく傷ついてしまわれました。悪気はなかったんです。本当にすいませんでした!

Dsc_0127

Dsc_0131


クリス「いただきまっくす!」

そんなもの食べたらおなか壊しますよ・・・ペドネスは私が食べtゲフゲフン

Dsc_0133


Dsc_0135


Dsc_0136


Dsc_0137


Dsc_0138


紙紙さん脅威のメカニック!

しげしげと見つめていたら「何か作って欲しいものがあったらリクエスト受けるよ」といってくださったのです。新参者故に素直に「はい」の一言が言えずしどろもどろしていると、以前人にあげたのと同じものをクリスを使って展示してくれました。Dsc_0142

Dsc_0152


たいへんだ くりす が かぶとむし に おそわれている!

ティア「マスター・・・斬る、kill!死ぬDEATH!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;」

ゲフゥ、だって見るからに怪しい椅子だったけどここまですごいなんて思わなかったんだよう。それに木馬といえばガンダムがつきものじゃないですか。 ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

ケイニスの紳士道はまだ始まったばかりだ!(1次会編終了、2時会編へ続く)

2011年9月13日 (火)

第二次焼きえうえうオフ その1

リアルコナスタのイベントはお仕事で行けなかった・・・しかし、そんな私に名古屋でオフの情報が入った。

Dsc_0104

ティア「オフ会なんて初めてなんで緊張しますよぉ。」

クリス「ますたー、あたらしいかおよ、それぇ」

ティアがストライク装備だったのですがランチャーパックはRGの方に分捕ったので素トライクになった代わりにRGの盾を装備しています。ライフルが成形色丸出しの真っ青だったのが悔やまれます><;

Dsc_0105

みんな大好きけだえもん(ryさんの卓、形状の違うkossmosの娘さんが二人とリペMK-2のコンビがいました。

クリス「もっこす?」

ティア「Mk-2と聞くとガンダムかエルガイムかレイズナーか迷いますねぇ。」

二人とも変な知識が深いですね。

Dsc_0106


イケメン若人なせんちゃんさん?(本名不明)ところです。アイネス愛に溢れる紳士でした。スモール素体をさらに縮めたペドネスちゃんも素晴らしかったです。

クリス「ぺどってなに?」

ティア「よい子は知らなくていいですよぉ!」

そうそう小さい子は愛でたり可愛がる対象であり性的なものをもとめてはいかんのですよ。うちの神姫にえちぃことはさせませんしね。

・・・「このときマスターの言葉にはいたく感激したものでした。それがまさかあんな形で帰ってくるとは思いもしなかったのです。」・・・ケイニス家ティアの独白

Dsc_0108


そのさらにお隣さんです。前回もいらした方なのですが、またお名前を聞くのを忘れておりました。チャイナドレスのスリットがムッハァー!・・・セクシーでした。一番左の子は雪兎型の娘ですかね?

ティア「よその神姫にはえちぃものをもとめるんですかぁ?マスターって・・・」

い、いやぁ、そそそんなことは無いですよ。

Dsc_0111


続いて今夏の主催者兼レゴマスターの紙紙さんのお宅です。レゴチェアーにセクシーバニーちゃん、今年は卯年ですもんね。網タイツのおみあしがこれまた・・・

ティア「(ジトォ)」

Dsc_0112


ほ、ほら丑子さんがイカしたバイクにまたがってますよ!

Dsc_0113


変形までする優れもの!

ティア「別にマスターが作ってるわけじゃないんですから。」

Dsc_0114

まはPさんのお宅です。仕事の出張でいらしていたとか聞いてびっくりしました。金属細工の衣装が煌びやかでとっても素敵です。お宿でも作業されるとのことで体調崩されないかが心配です。

Dsc_0115


ちかげさんという方の神姫なんですが写真ではわかりづらいですがかなりのボリュームでしたアルト姉妹の購入見合わせは保存スペース的な観点から大正解だったんだ。正解、だったんだ。

眠くなってきたので今日はこの辺で

2011年8月14日 (日)

夏の思い出

携帯を買い換えたら写真がうpできなくなったorz

そんなわけで夏休みを利用して東京に行ってきたよ。

Pa0_0302


青鼻のトナカイと一緒に1枚

Pa0_0301


冷やしメキシコなるものを食す。

Pa0_0297


○ジテレビ前でも1枚。

1時間近くかけた爆丸の撮影が無駄になったのは泣けました。

写真を撮るときはサイズに気をつけよう\(^o^)/

2011年7月17日 (日)

はじめてのバトル

白&黒爆丸「2体じゃバトルもできないんだ、さっさと消えろ!」

茶色い爆丸(手前)「ぐぁぁ!」

茶色い爆丸(中)「大丈夫かバルカン。クソッ、ファンゴノイドさえ戻れば・・・。」

ファンゴノイド(一番奥)「待たせてすまない!目的の発見は無理だった・・・」

Pa0_0292

ルミナドラゴノイド(手前白)「フンッ、弱小サブテラ(土)属性なんぞに好んで着くバトラーなどいるものか!今日こそこのフィールドから駆逐してやる。」

まった!

Pa0_0291

ルミナドラゴ「誰だ!」
クリス「とおりすがりのりすがたしんきぽも!」

ファンゴイド「貴女は先ほどの!しかしここは危ない下が・・・」

クリス「ぽもがバクマンバトラーだぽも!」

ルミナドラゴ「漫画家はお呼びでない、その意気や良し、いざ勝負!」

Pa0_0290

万が一にも負ける可能性など無い、よってそちらの先攻で構わない(ダイス目で決めました)

Pa0_0289

ファンゴイド「軽くルールを説明致します・・・」

※爆丸バトルは、爆丸三体と、金・銀・銅それぞれ一枚ずつのゲートカード計三枚をデッキの基本とし
 さらに赤、青、緑のアビリティカードをそれぞれ最高二枚ずつまで組み込むことができる。
 バトルはこれをプレイヤーそれぞれ持ち寄って試合を行う。
 プレイヤーはゲーム開始と共にフィールド中央にそれぞれ一枚ずつゲートカードを配置し、
 さらに自分のターンの最初に任意でゲートカードを設置できる。
 (ただし既に配置されているゲートカードに必ず一片が設置していなければならない)
 ゲートカードを配置するか否かを選択した後、次に自分の爆丸を一体、フィールドにシュート。
 これを交互に行っていく。
 プレイヤーは爆丸をゲートカード上にスタンドさせていき、一定の条件を満たしていくことで、
 ゲートカードを獲得できる。最終的に、このゲートカードを三枚先取した方が勝利となる

他所様からまるっとコピペw

バルカン「まずは軽くてコントロールしやすいオレからシュートな、ナイチチ!どうせならボインの姉ちゃんが良かったぜ・・・ってあるぇぇぇぇ!」

Pa0_0288

クリス「あ、とびすぎた」

ルミナオベロン「どこにシュートしてんッスかwこれはもうけも・・・あるぇぇぇぇ!」

Pa0_0287

塞パンツァー「バルカンじゃ軽すぎるならこの俺、塞(グラン)パンツァーをシュートしな、お嬢ちゃん・・・っとその前にゲートカードセットだ」

Pa0_0286


塞パンツァー「スタンド成功、ヒヤッとしたな」

ルミナドラゴ「小癪な!だが、こちらもスタンドだ」

Pa0_0282

ファンゴイド「こちらのゲートにスタンドした・・・勝機!いざバトル!」
Pa0_0281

ルミナドラゴ「いいだろう、ゲートオープン!」
ファンゴイドPL520+ゲートカード200=720

ルミナドラゴPL540+ゲートカード140+アビリティ:ルミナドラゴ300=940

ファンゴイド「250以上アップできるカードはない、ここは退くしかないか・・・!」

ルミナドラゴ「ゲートカードは頂いていく!」

Pa0_0279

ルミナドラゴ「ゲートカードセット、では用心棒の輝(キラン)レオネス先生、お願いしますよ・・・フフフ」

輝レオネス「ガオーン!」

塞パンツァー「あっちもスタンドか」

Pa0_0276

バルカン「そんじゃサクッとダブルスタンドを・・・ってまたミスかよ!」
Pa0_0274

ルミナドラゴ「さっさと終わらせるか。アビリティ発動、千里眼!このカードは相手のアビリティを見ずに二枚選択し見ることができるうえに二回シュートできる」

ルミナオベロン「ダブルスタンド!ゲートカード二枚目ゲットッスよ!」
Pa0_0271

ルミナドラゴ「二回目はしくじったがこれでラストワンだ」

ファンゴイド「クッ、ゲートカードセット!こちらもアビリティのクリティカル・フォーエバー、このカードは二回シュートできる(ry ダブルスタンド、やっと一つ!」

Pa0_0268

塞パンツァー「二回目もスタンド成功だ」

Pa0_0265

ルミナドラゴ「あと一つなのだ、手近なところにゲートカードセット・・・おや勢いが付きすぎたか?」
Pa0_0263


塞パンツァー「このバトルは負けられねぇ・・・出し惜しみはナシだ!」

ルミナドラゴ「これで最後のバトルにする・・・弾切れを気にする必要はない。アビリティ発動閃光の友情、ゲートカードのポイントを全て得る!」

塞パンツァーPL540+200=740

ルミナドラゴPL540+150+150+200+180+130+50=1400

塞パンツァー「させるか!アビリティ発動サバイバルシールド、相手アビリティを無効化し+200ポイント」

ルミナドラゴ「無駄だ、アビリティ発動ライトニングバリア、相手アビリティを無効化!」

塞パンツァー「打つ手無しか・・・」

ルミナドラゴ「ゲートカード3枚ゲット我々の勝ちだ。このフィールドから出て行ってもらおう・・・ついでにこの死に損ないはうちの玩具にもらっていく」

Pa0_0256

バルカン「てんでダメじゃねーか!こんな奴バトラーなんて認めねーからな、ナイチチだしよぉー」

クリス「ウワーン、まけたぽもー!ファンチンごめんぽも・・・。」

塞パンツァー「バトルは疎かスタンドすらできんかった奴は黙ってろ。ファンゴイドの事なら気にすんなお嬢ちゃん、強力なパワーアップカードのないサブテラのバトラーに名乗り出てくれたのはすごく嬉しかった。でも専用ゲートカードが無く、PLもそこそこな俺たちじゃあバトルは楽しめないぜ・・・悪いことは言わない。あっちの光属性のバトラーになった方が爆丸バトラーとして華を飾れる。」

クリス「しゅぎょーする。ファンチンとりもどす・・・グス」

Pa0_0255
クリス「ますた、ぽも、ちゃいろばくがんしゅぎょーする。おしえて?」

えー(検索中)、彼らはサブテラという属性でして・・・とりあえずシュート練習からしてみては?

クリス「わかった!」

バルカン「ケッ付き合ってらんねぇー、あばよ!」

Pa0_0254


塞パンツァー「ファンゴイドの穴のこともある・・・嬢ちゃんだけに負担をかけるわけには以下ねぇな。」

そうですね、でどこいくんですか?

塞パンツァー「うおっ!や、野暮用だよや・ぼ・よ・う」

Pa0_0253

続く・・・今回はリアルバトル撮影だったので本来ならクリス奇跡の大勝利のはずがぼろ負けしてしまいストーリーもそれに伴って元の計画から大幅変更しましたドウシテコーナッタ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

2011年7月16日 (土)

難しい日本語

クリス「ぽーもぽーもぽもリスがただ・・・?」

Pa0_0251

ヨロヨロコテッ

Pa0_0250

クリス「?」

トタトタ

クリス「ますた、ふしぎななまものおちてた」

これは・・・(検索中)
爆丸だね球体から変身する『いきもの』だよ

クリス「ばくだん?」

テロでも起こすきですか、ばくがんです。

クリス「にくがん?」

私は眼鏡が手放せません、ばくがんです。

クリス「にくだん?」

接近戦は戦の華ですが、ばくがんです。

クリス「グッタリしてる」

確かに元気がないですね。行き倒れでしょうか?

グゥー

そんなにお腹すいたんですか?

クリス「クリスげんき!ますた、にく、たべる?」

Pa0_0247


いや私も空腹ではないですよ?

クリス「 ! ばくだん、にく、たべる!」

Pa0_0246

モグモグ

??「生き返った!感謝する」

クリス「しゃべった!?」

おや、アニメは見てないので話せるなんて知りませんでしたよ。

??「礼のひとつもできずに申し訳ないが為さねばならぬ事がある故これにて!」

Pa0_0245

いってしまった

クリス「ばくだん・・・」

続く

«改造してみた