« 難しい日本語 | トップページ | 夏の思い出 »

2011年7月17日 (日)

はじめてのバトル

白&黒爆丸「2体じゃバトルもできないんだ、さっさと消えろ!」

茶色い爆丸(手前)「ぐぁぁ!」

茶色い爆丸(中)「大丈夫かバルカン。クソッ、ファンゴノイドさえ戻れば・・・。」

ファンゴノイド(一番奥)「待たせてすまない!目的の発見は無理だった・・・」

Pa0_0292

ルミナドラゴノイド(手前白)「フンッ、弱小サブテラ(土)属性なんぞに好んで着くバトラーなどいるものか!今日こそこのフィールドから駆逐してやる。」

まった!

Pa0_0291

ルミナドラゴ「誰だ!」
クリス「とおりすがりのりすがたしんきぽも!」

ファンゴイド「貴女は先ほどの!しかしここは危ない下が・・・」

クリス「ぽもがバクマンバトラーだぽも!」

ルミナドラゴ「漫画家はお呼びでない、その意気や良し、いざ勝負!」

Pa0_0290

万が一にも負ける可能性など無い、よってそちらの先攻で構わない(ダイス目で決めました)

Pa0_0289

ファンゴイド「軽くルールを説明致します・・・」

※爆丸バトルは、爆丸三体と、金・銀・銅それぞれ一枚ずつのゲートカード計三枚をデッキの基本とし
 さらに赤、青、緑のアビリティカードをそれぞれ最高二枚ずつまで組み込むことができる。
 バトルはこれをプレイヤーそれぞれ持ち寄って試合を行う。
 プレイヤーはゲーム開始と共にフィールド中央にそれぞれ一枚ずつゲートカードを配置し、
 さらに自分のターンの最初に任意でゲートカードを設置できる。
 (ただし既に配置されているゲートカードに必ず一片が設置していなければならない)
 ゲートカードを配置するか否かを選択した後、次に自分の爆丸を一体、フィールドにシュート。
 これを交互に行っていく。
 プレイヤーは爆丸をゲートカード上にスタンドさせていき、一定の条件を満たしていくことで、
 ゲートカードを獲得できる。最終的に、このゲートカードを三枚先取した方が勝利となる

他所様からまるっとコピペw

バルカン「まずは軽くてコントロールしやすいオレからシュートな、ナイチチ!どうせならボインの姉ちゃんが良かったぜ・・・ってあるぇぇぇぇ!」

Pa0_0288

クリス「あ、とびすぎた」

ルミナオベロン「どこにシュートしてんッスかwこれはもうけも・・・あるぇぇぇぇ!」

Pa0_0287

塞パンツァー「バルカンじゃ軽すぎるならこの俺、塞(グラン)パンツァーをシュートしな、お嬢ちゃん・・・っとその前にゲートカードセットだ」

Pa0_0286


塞パンツァー「スタンド成功、ヒヤッとしたな」

ルミナドラゴ「小癪な!だが、こちらもスタンドだ」

Pa0_0282

ファンゴイド「こちらのゲートにスタンドした・・・勝機!いざバトル!」
Pa0_0281

ルミナドラゴ「いいだろう、ゲートオープン!」
ファンゴイドPL520+ゲートカード200=720

ルミナドラゴPL540+ゲートカード140+アビリティ:ルミナドラゴ300=940

ファンゴイド「250以上アップできるカードはない、ここは退くしかないか・・・!」

ルミナドラゴ「ゲートカードは頂いていく!」

Pa0_0279

ルミナドラゴ「ゲートカードセット、では用心棒の輝(キラン)レオネス先生、お願いしますよ・・・フフフ」

輝レオネス「ガオーン!」

塞パンツァー「あっちもスタンドか」

Pa0_0276

バルカン「そんじゃサクッとダブルスタンドを・・・ってまたミスかよ!」
Pa0_0274

ルミナドラゴ「さっさと終わらせるか。アビリティ発動、千里眼!このカードは相手のアビリティを見ずに二枚選択し見ることができるうえに二回シュートできる」

ルミナオベロン「ダブルスタンド!ゲートカード二枚目ゲットッスよ!」
Pa0_0271

ルミナドラゴ「二回目はしくじったがこれでラストワンだ」

ファンゴイド「クッ、ゲートカードセット!こちらもアビリティのクリティカル・フォーエバー、このカードは二回シュートできる(ry ダブルスタンド、やっと一つ!」

Pa0_0268

塞パンツァー「二回目もスタンド成功だ」

Pa0_0265

ルミナドラゴ「あと一つなのだ、手近なところにゲートカードセット・・・おや勢いが付きすぎたか?」
Pa0_0263


塞パンツァー「このバトルは負けられねぇ・・・出し惜しみはナシだ!」

ルミナドラゴ「これで最後のバトルにする・・・弾切れを気にする必要はない。アビリティ発動閃光の友情、ゲートカードのポイントを全て得る!」

塞パンツァーPL540+200=740

ルミナドラゴPL540+150+150+200+180+130+50=1400

塞パンツァー「させるか!アビリティ発動サバイバルシールド、相手アビリティを無効化し+200ポイント」

ルミナドラゴ「無駄だ、アビリティ発動ライトニングバリア、相手アビリティを無効化!」

塞パンツァー「打つ手無しか・・・」

ルミナドラゴ「ゲートカード3枚ゲット我々の勝ちだ。このフィールドから出て行ってもらおう・・・ついでにこの死に損ないはうちの玩具にもらっていく」

Pa0_0256

バルカン「てんでダメじゃねーか!こんな奴バトラーなんて認めねーからな、ナイチチだしよぉー」

クリス「ウワーン、まけたぽもー!ファンチンごめんぽも・・・。」

塞パンツァー「バトルは疎かスタンドすらできんかった奴は黙ってろ。ファンゴイドの事なら気にすんなお嬢ちゃん、強力なパワーアップカードのないサブテラのバトラーに名乗り出てくれたのはすごく嬉しかった。でも専用ゲートカードが無く、PLもそこそこな俺たちじゃあバトルは楽しめないぜ・・・悪いことは言わない。あっちの光属性のバトラーになった方が爆丸バトラーとして華を飾れる。」

クリス「しゅぎょーする。ファンチンとりもどす・・・グス」

Pa0_0255
クリス「ますた、ぽも、ちゃいろばくがんしゅぎょーする。おしえて?」

えー(検索中)、彼らはサブテラという属性でして・・・とりあえずシュート練習からしてみては?

クリス「わかった!」

バルカン「ケッ付き合ってらんねぇー、あばよ!」

Pa0_0254


塞パンツァー「ファンゴイドの穴のこともある・・・嬢ちゃんだけに負担をかけるわけには以下ねぇな。」

そうですね、でどこいくんですか?

塞パンツァー「うおっ!や、野暮用だよや・ぼ・よ・う」

Pa0_0253

続く・・・今回はリアルバトル撮影だったので本来ならクリス奇跡の大勝利のはずがぼろ負けしてしまいストーリーもそれに伴って元の計画から大幅変更しましたドウシテコーナッタ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

« 難しい日本語 | トップページ | 夏の思い出 »

神姫」カテゴリの記事

コメント

ここ最近の爆丸普及率は半端ないですなΣ(゚Д゚;
…自身は持ってないどころかアニメも見たことないので半分ぐらい何言ってるのか分からずだったんですが(ぉ
とりあえず相手方に取られてしまった子を取り返すという事だけは理解
これから爆丸とっくんですね(`・ω・´)

コメントありがとうございます。
>>arahabakiさん
爆丸楽しいですよ♪一端買い出すとあれもこれもと欲しくなり出費がかさみますがw
バトルフィールドが場所をとるので撮影が難しく続きはいつになるかわかりません^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378591/40932995

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのバトル:

« 難しい日本語 | トップページ | 夏の思い出 »